私をサンフランシスコ航路に連れて行って

遊戯王、WIXOSS、桜降る代に決闘を、雑談等々

我が原点、メル

お久しぶりです

突然ですが三つ葉のクローバーの花言葉ってご存知ですか?
その意味は「私を思い出して、約束、復讐」です。
Lostorage/inciited WIXOSSは、友達を作るためにWIXOSSを始めたはずなのに強引にLostorage式バトルに放り込まれた主人公すず子は色んな人と戦うことで成長しながら自分の戦う理由を見付け、ヤクザ営業をしながらすず子に縛られない本当の自分を探すために切り捨てようとするもう一人の主人公兼元カノの森川千夏を更生させるために戦うアニメです。

花言葉とかアニメのあらすじはさておき、今回はメルの紹介記事です。





f:id:ra-men7mazu:20190903232329j:plain



構築はいたって無難なものになります(去年から変わってないとか言わないで)

1.メルのコンセプト「アクセ」とは?


簡単に言うと自分の場のシグニに装備します。

基本的にエナゾーンのアクセを持つシグニを自分の場にあるシグニにアクセします。言い返せば、1エナ使って自分のシグニを強化しているとも言えますね。このアクセを使って戦っていくのがメルの基本的な戦い方です。

パワーを上げるもの、耐性を付与するもの、相手のシグニを除去するもの。

みんな違ってみんないい。byちなつ

2.どんなアクセがあるの?


f:id:ra-men7mazu:20190904001218j:plainf:id:ra-men7mazu:20190904001319j:plain


キャビアラやトンカツはメルの防御の要です。
後述するシグニにこれらのアクセすることで相手のシグニを除去します。


f:id:ra-men7mazu:20190904001639j:plain


チョコプレートはメルのエースシグニのコードオーダーウェディングを手札に呼び込むシグニであり、そのウェディングにアクセされると相手のシグニを除去しながらアタックできる等、1枚で仕事が多いシグニです。メルは除去する手段が少ないので貴重な1点になり得ます。ウェディング自体がエースとして機能しやすいのでガンガンアクセしていきましょう。

3.改めてどんなデッキなの?

ざっくりアクセを持つシグニを紹介したところでメル本体の解説

初期コインは3枚でレベル1にグロウしたときに1コイン獲得するので序盤からキーが貼りやすいのは魅力です。
お次がメルの華になるレベル4とレベル5。


f:id:ra-men7mazu:20190904001731j:plain


かわいい。

メル=ヴェスパーはキーセレから始められた方にも馴染み深いと思われます。
出現時の【エナチャージ2】は単純に2リソース湧いてくるので強いです。加えてエナゾーンから回収する効果も手札補強にもなり、レベル3以前でバニッシュされたシグニを手札に戻せるため出現時効果が強いシグニや調理でないシグニもここで回収できます。
チャームにする効果は基本的に使いません。チャームにする旨味を持ったカードが採用されてませんからね。チャームはキーセレでバンバン使ってあげましょう。


f:id:ra-men7mazu:20190904001909j:plain


ちなみに本家のベルセルクがこちらです。相手に強制攻撃させるコイン技です。これと愛別離苦を併用して3面除去+3点ライフ回復を狙うデザインです。あんま機能したことなかったけどな!
さらにどうでもいいんですが、メル=マティーニは筆者が初めて買ったWIXOSSのパックで初めて引き当てたルリグなのでこの子と育ってきたようなものです。遊月やピルルクにいっぱい轢かれたあの頃が懐かしいですね。


f:id:ra-men7mazu:20190904002047j:plain


腹筋ムキムキルリグはさておいて


f:id:ra-men7mazu:20190904002127j:plain


目玉のメル=スピリタスですね。

出現時のアクセを再度エナに置く効果はアクセの再利用になるとともに、グロウコスト2エナを払っているので実質1エナチャージになってます。二つの起動効果を駆使することでメルは鉄壁ともいえる立ち回りを見せます。攻めのリル、守りのメルと対比がなされているところが二人の関係性といいますかカップル的なムフフとい(リルとメルの固い絆がうかがえますね。リルとメルの夫婦生活を見せろ!

主力のカードは?

f:id:ra-men7mazu:20190904002407j:plain


コインでコードデリシャス・ビューフェを出し、2エナチャージしてエナのキャビアラをアクセにする動きを繰り返しましょう。このシグニはスピリタスとセットでほぼ完結しているので僕はビューフェが好きです。守りはビューフェで行い、攻めもビューフェのアタック時効果を狙っていけるので言うことないですよね。

もちろんビューフェだけでは寂しいですよね。メルをずっと支えてくれるシグニももちろんいます。

f:id:ra-men7mazu:20190904002451j:plain

メルのエンジンです。レベル4の時にウェディングを2体並べ、2体にメダマヤキをアクセさせ続けてひたすら4リソースを生み出すエンジン。さらにウェディングにチョコプレートをアクセさせることでアタック時バニッシュも付与させられるとんでもエースシグニになります。ダイオウイカレベルのアド取りシステムが構築できるので割裂など打たれない限りいつでもハンドやエナの立て直しはできます。


ウェディングでリソースを稼ぎ、相手の攻撃をビューフェでいなして、そのままアタックを仕掛ける。レッツルーティンルーティン!


よく採用されるカードを紹介したところでどんな動きをするか解説していきましょう。

レベル1-2

ここではダメージを取っていく必要はありません。
トンカツやメダマヤキ、チョコプレートをブルジャム並べていきましょう。バニッシュされたアクセはゆくゆく利用していくことになります。
初手キープの判断基準はトンカツ、フラポテ、ツナマヨあたりです。かなりのリソースを稼ぐことができる3体です。
f:id:ra-men7mazu:20190904003333j:plainf:id:ra-men7mazu:20190904003343j:plainf:id:ra-men7mazu:20190904001319j:plain

レベル3

テキソスと八重でエナを伸ばしましょう。八重でウェディング、ビューフェなどのキーカードを手札に加えましょう。キャビアラも基本的に出し得カードです。たまにキャビアラでキャビアラが捲れたときはパワー7000以下のシグニをエナゾーンに送れます。
f:id:ra-men7mazu:20190904001218j:plainf:id:ra-men7mazu:20190904003634j:plain

レベル4

ウェディングにメダマヤキやチョコプレートをアクセにしていきましょう。パワーラインも上がっており放置するとひたすらアドバンテージを稼いでくる上にダメージも取ろうとするのでまず除去されますが諦めてはいけません。
今回1枚だけ採用しているコードオーダーとんラーで1面エナゾーン送りにする除去をしてもいいでしょう。手札にだぶついたアクセとエナゾーンのウェディングと交換してもおいしいですね。とんラーはパワー上昇をさせないハナレに対して投げることが多いです。
f:id:ra-men7mazu:20190904003733p:plainf:id:ra-men7mazu:20190904002451j:plain

レベル5

上述の通りビューフェとウェディングを駆使して立ち回りましょう。相手ターンに出したビューフェにキャビアラをアクセすることで2面防御をした返しの自分のターンにメダマヤキとブルジャムをアクセすることで、シグニルリグ耐性を持ちつつ相手のシグニとエナをすべて吹っ飛ばしに行くアピールを続けます。相手にさっさとアーツを吐いてもらってリタイアしてもらうのをひたすら待ち続ける立ち回りが強いです。メルの耐久力はルリグの中でもトップクラスですからね。
f:id:ra-men7mazu:20190904002407j:plain

おわりに

たまにはブログを書きたいというしょーもない理由で書き始めたわけですが、メルを組もうとしている方の参考になれば嬉しいです。
長々と書きましたがここまで読んでいただきありがとうございます。
それではまたどこかで。