私をサンフランシスコ航路に連れて行って

遊戯王、WIXOSS、桜降る代に決闘を、雑談等々

真竜皇のあれやこれや Part1~構築編~

皆様どうも、なかなか生活習慣が取り戻せない少女Nです。

最近、真竜皇ネフティスを組む方がよく見られたので、これから真竜皇を組むという方に参考になればと思い、真竜皇デッキを組むにあたっての注意点を説明します。





①デッキ内のカードの比率

一番ミソになってくるのは比率だと思います

f:id:ra-men7mazu:20180912134118j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912134156j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912134247j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912134308j:plain

真竜皇(凰)は①の効果で特殊召喚するためにはモンスターを破壊しなければなりません。100%アドバンス召喚しないとは言い切りませんがアドバンス召喚したいモンスターではないので、①の効果を積極的に使っていきましょう。その上で採用しなければならないのが「真竜皇の①の効果で破壊するモンスター」です。

例えば、手札に真竜皇1体を含むモンスター2枚と魔法3枚とします。これでは真竜皇を特殊召喚することは出来ません。素引きの運が悪かった場合もありますが、一番の原因は「そもそも構築の段階からモンスターカードの比率が低かった」からです。真竜皇を特殊召喚するためには最低2枚のモンスターカードが必要だからです。よって、デッキ内のモンスターカードの比率は高ければ高いほど、真竜皇は特殊召喚しやすくなります。

つまり、真竜皇は手札1枚で動けるデッキではありません。

僕自身としてはフルモン(デッキのカード全てがモンスターカード)構築でも問題ないと思います。






②リソースの稼ぎ方

残念ながらドラゴニックDが禁止の今、以前ほど容易にアドバンテージを稼ぐことができません。無い物ねだりは仕方ないので、今現在使用できるカードで考えていきましょう。

①で述べたように、真竜皇は他のモンスターカード2枚を破壊して特殊召喚するため、破壊された場合(時)、または墓地に送られた場合(時)に効果が発動するモンスターを採用するとよいでしょう。

f:id:ra-men7mazu:20180912140657j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912140708j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912140720j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912140733j:plain

具体的な所だとこの辺のカードになります。真竜皇は手札の消費が激しいため、ドロー効果を持ったカードを採用するのが最も安定するでしょう(もちろん真竜皇タイプのデッキ群の中では、という意味です)。例えば真竜凰マリアムネを特殊召喚するために手札のエア・サーキュレーターを2体破壊して特殊召喚すると2枚ドローしながらマリアムネを特殊召喚することが出来ます。もちろん同名のマリアムネを破壊することも、それ以上のアドバンテージに繋がります。結果、フィールドにマリアムネ1体と手札4枚をキープすることが出来ます。

属性が噛み合いませんが、バオバブーンを破壊すれば、バオバブーンを2体特殊召喚しながら手札交換を行うことが出来ます。2体を素材に彼岸の黒天使ケルビーニをリンク召喚すればより良質な盤面形成が出来るでしょう。

真竜皇はいかに手札消費、フィールド消費を抑えつつ、展開・制圧していくかで勝利をもぎ取れるかどうかというデッキになります。上で取り上げた例はごく一部ですが、炎王や一部の十二獣、シャドール、最近だとネフティスのようなモンスターともシナジーが見込めます。


③まとめ

1.モンスターを多めに投入する。
2.破壊されることで効果を発動するモンスターを投入する。


構築に関しては、この2点に気をつけて組むといいと思います。

今回は以上です。

不定期更新の予定ですが、また真竜皇の記事を書いていく所存です。