私をサンフランシスコ航路に連れて行って

遊戯王、WIXOSS、桜降る代に決闘を、雑談等々

真竜皇のあれやこれや Part2~番外編(18年10月レギュレーション)~

最近、実家の猫とやっと触れ合える段階まで親密になってきた少女Nです。

今回は2018年10月1日から適用されるリミットレギュレーションと真竜皇、特に「真竜皇の復活」の話をしたいと思います。



f:id:ra-men7mazu:20180916142718j:plain



真竜皇を愛するプレイヤーにとって待望の規制緩和でした。



「真竜皇の復活」をテーマに話すのですが、今から話すデッキはあくまで【真竜皇】であって【真竜】ではないことをお詫び申し上げます。よって「真竜拳士ダイナマイトK」を採用していない前提でお話しますが、もちろんアドバンス真竜とレベル9の真竜を混ぜたデッキも強いと思われます。

①「真竜皇の復活」のあれこれ

まずこのカードは真竜皇にとって「ドラゴニックD」に次ぐ最高のサポートカードとも呼べる性能をしています。永続的に「死者蘇生」が発動できるわけですから、盤面ががら空きになることはなく、仮に「ハーピィの羽箒」や「サイクロン」などの魔法・罠カードを除去するカードによって破壊されても、③の効果で最悪相手のモンスターを破壊できる保険もついています。もちろん「コズミック・サイクロン」や「氷結界の龍トリシューラ」などの除外するカードは天敵となります。それらの効果にチェーンするだけでも真竜皇を墓地から特殊召喚することは完了しており、また「リビングデッドの呼び声」のような罠本体がフィールドから離れても、モンスターが自壊することはない優れものです。
短所は、罠である遅さと、自分はモンスターを特殊召喚できないという制約です。罠であることはチェーン1「真竜皇の復活」発動、対象は「真竜皇アグニマズドV」、チェーン2相手の「サイクロン」発動、対象は自分の「真竜皇の復活」、と組まれることによって墓地から真竜皇を特殊召喚させることは不可能になります。次にモンスターが特殊召喚できなくなる制約は、特殊召喚を起点として動く真竜皇にとってはあまりに無視できないデメリットです。よって、運用方法は自分のターンにセットした後、相手ターンの終了時に発動させましょう。何かにチェーンさせる形で発動させる分には必ず真竜皇を特殊召喚させることが可能です(もっとも、そこにさらに「サイクロン」をチェーン発動されると不可能ですが)。

②採用する基準

確かに真竜皇にとって強いカードであることに変わりはないですが、雑に2枚採用できるかと聞かれると一概に肯定はできません。何故ならば「真竜皇の復活」1枚だけでは何も機能しないからです。墓地の真竜皇が肥えていて初めて十分に機能するため、序盤に発動するメリットは薄いです。

f:id:ra-men7mazu:20180917004432j:plain

「源竜星ーボウテンコウ」は幻竜族の中でも特に扱いやすく、①の効果で真竜皇を特殊召喚するための後続の確保、②の効果でレベル9にしつつデッキから真竜皇を墓地に落とすことができるため、序盤でも「真竜皇の復活」を発動しやすいカードです。困ったときは「水晶機巧ハリファイバー」から特殊召喚しましょう。話を脱線しますが、もちろん竜星と真竜皇のシナジーは非常に高く、【真竜皇竜星】は真竜皇デッキの中でも一番扱いやすいタイプのデッキです。



今のところ、僕自身が「真竜皇の復活」を採用する意義があるデッキの定義は、「自前でドローができるカードを手札に加えられるデッキ」です。どういうことかというと、「真竜拳士ダイナマイトK」を採用しないなら直接このカードを手札に加えることは難しく、またドローフェイズのドローで引く確率はあまり期待できるものではありません。確かに過去の真竜皇デッキで「強欲で貪欲な壺」は多く採用されていましたが、2枚しか入れられないカードが裏側表示で除外される10枚の中にある可能性が高いのでかなり博打になると思われます。ですがドローでしか引き込められないなら1枚だけ入れる意味はないので、2枚採用されることがほとんどだと思います。
今回のリミットレギュレーションによって「サモン・ソーサレス」が禁止になりましたが、それと「ダンディライオン」「ファイア・ウォール・ドラゴン」をフル活用して大量に特殊召喚をするデッキなどで、デッキ内のカードが少なくなったところでドローカードを使い手札に引き込むという算段もなくはないですが、どこかで「永遠の淑女ベアトリーチェ」や「ライトロード・ドミニオン・キュリオス」を展開の間に挟まない限り、墓地に真竜皇が落ちる機会はほとんどないので、やはり「真竜皇の復活」を採用する意味はないと思われます。
先ほど少し紹介した【真竜皇竜星】では「源竜星ーボウテンコウ」の①の効果で「竜星の輝跡」をデッキから手札に加えらるため、自分が挙げた定義に一致するデッキだと考えます。
f:id:ra-men7mazu:20180917010524j:plain
墓地にある竜星Sモンスターをエクストラデッキに戻しつつ2枚ドローして「真竜皇の復活」を引き込みましょう。元々竜星モンスターは属性がばらけており、各々が竜星モンスターをフィールドに特殊召喚する機会が多いため手札の真竜皇を特殊召喚しやすいテーマです。竜星Sモンスターは真竜皇に足りてない除去効果を豊富に持ち合わせているため相性が良いです。詳しい「真竜皇竜星」の紹介は別の機会でしたいと思います。





③まとめ
1.準制限とはいえ、その強さは色褪せてはいない。
2.十分に墓地の肥えた中盤以降でこそ真価を発揮する。
3.特殊召喚を多用するデッキに採用する意味は薄い。




もちろん色んな真竜皇デッキはありますが、「ドラゴニックD」が禁止カードになってから僕が使用していた【雪花真竜皇】から抜け出せる光明が見えた気がします(別に自分自身で縛っていたわけではないです)。
発売当初から扱いが難しいカードなので、少しでもこの記事が皆様の参考になればいいなと思います。

真竜皇のあれやこれや Part1~構築編~

皆様どうも、なかなか生活習慣が取り戻せない少女Nです。

最近、真竜皇ネフティスを組む方がよく見られたので、これから真竜皇を組むという方に参考になればと思い、真竜皇デッキを組むにあたっての注意点を説明します。





①デッキ内のカードの比率

一番ミソになってくるのは比率だと思います

f:id:ra-men7mazu:20180912134118j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912134156j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912134247j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912134308j:plain

真竜皇(凰)は①の効果で特殊召喚するためにはモンスターを破壊しなければなりません。100%アドバンス召喚しないとは言い切りませんがアドバンス召喚したいモンスターではないので、①の効果を積極的に使っていきましょう。その上で採用しなければならないのが「真竜皇の①の効果で破壊するモンスター」です。

例えば、手札に真竜皇1体を含むモンスター2枚と魔法3枚とします。これでは真竜皇を特殊召喚することは出来ません。素引きの運が悪かった場合もありますが、一番の原因は「そもそも構築の段階からモンスターカードの比率が低かった」からです。真竜皇を特殊召喚するためには最低2枚のモンスターカードが必要だからです。よって、デッキ内のモンスターカードの比率は高ければ高いほど、真竜皇は特殊召喚しやすくなります。

つまり、真竜皇は手札1枚で動けるデッキではありません。

僕自身としてはフルモン(デッキのカード全てがモンスターカード)構築でも問題ないと思います。






②リソースの稼ぎ方

残念ながらドラゴニックDが禁止の今、以前ほど容易にアドバンテージを稼ぐことができません。無い物ねだりは仕方ないので、今現在使用できるカードで考えていきましょう。

①で述べたように、真竜皇は他のモンスターカード2枚を破壊して特殊召喚するため、破壊された場合(時)、または墓地に送られた場合(時)に効果が発動するモンスターを採用するとよいでしょう。

f:id:ra-men7mazu:20180912140657j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912140708j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912140720j:plain
f:id:ra-men7mazu:20180912140733j:plain

具体的な所だとこの辺のカードになります。真竜皇は手札の消費が激しいため、ドロー効果を持ったカードを採用するのが最も安定するでしょう(もちろん真竜皇タイプのデッキ群の中では、という意味です)。例えば真竜凰マリアムネを特殊召喚するために手札のエア・サーキュレーターを2体破壊して特殊召喚すると2枚ドローしながらマリアムネを特殊召喚することが出来ます。もちろん同名のマリアムネを破壊することも、それ以上のアドバンテージに繋がります。結果、フィールドにマリアムネ1体と手札4枚をキープすることが出来ます。

属性が噛み合いませんが、バオバブーンを破壊すれば、バオバブーンを2体特殊召喚しながら手札交換を行うことが出来ます。2体を素材に彼岸の黒天使ケルビーニをリンク召喚すればより良質な盤面形成が出来るでしょう。

真竜皇はいかに手札消費、フィールド消費を抑えつつ、展開・制圧していくかで勝利をもぎ取れるかどうかというデッキになります。上で取り上げた例はごく一部ですが、炎王や一部の十二獣、シャドール、最近だとネフティスのようなモンスターともシナジーが見込めます。


③まとめ

1.モンスターを多めに投入する。
2.破壊されることで効果を発動するモンスターを投入する。


構築に関しては、この2点に気をつけて組むといいと思います。

今回は以上です。

不定期更新の予定ですが、また真竜皇の記事を書いていく所存です。